クリニックブログ
AsaCliBlog


1 / 3012345...102030...Last »

映画「ケアニン〜あなたでよかった〜」の上映会の案内です。

あさのクリニックに事務局を置いている、総社で認知症を学ぶ会では、本年9月16日に開催した『VR認知症体験会@総社』に続き、
2回目のイベントを開催する事が決定しました。

この度は、標記の映画「ケアニン〜あなたでよかった〜」を上映します。

イベント名:映画「ケアニン」上映会
日時:平成30年3月18日(日)14時00分~16時00分(開場13時00分)
会場:総社市民会館(駐車場には限りがありますので、公共交通機関でのご来場をお願いします。会場は総社駅から徒歩約10分です。)
入場料:無料
申込:不要(当日受付先着順です。会場がいっぱいの場合は入場ができません)
主催:総社で認知症を学ぶ会  共催:藤井クリニック つばさクリニック あさのクリニック
後援:総社市、社会福祉法人総社市社会福祉協議会
協賛:募集中

この映画は、介護の仕事をしている方だけでなく、多くの方に見ていただきたい映画であると思います。

映画「ケアニン〜あなたでよかった〜」ホームページ http://www.care-movie.com/
ホームページのはじめに:http://www.care-movie.com/intro.html
ストーリー:http://www.care-movie.com/story.html
ムービー:https://www.youtube.com/watch?v=Nzh9wQwY4dQ 予告の動画です。


 

 

 

 

 

 

 

 

平成29年12月7日時点のチラシです。

 

 

2017/12/07

あさクリフリーパーパー12月号完成しました。

みなさんは認知症に対して、どんなイメージをもっていますか?それはどんな事でしょうか。
認知症のことを話すときに、「ニンチがある」「ニンチなんです」「ニンチが、〇〇」と『ニンチ』略して言葉を使用していませんか?
その時、どんな感情で使用していますか?

【あさクリ12月号】テーマは認知症です!

あさのクリニックが取り組んでいる、認知症について、皆さんにいろいろ考えてほしい内容になっています。

12月1日から配布開始です。

 

 

 

 

 

 

フリーペーパーのバックナンバーは、こちらをクリック☞http://asanoclinic.com/backnumber.html

 

 

2017/11/30

総社市の高齢者肺炎球菌の予防接種について

総社市より高齢者用肺炎球菌の予防接種の定期予防接種と任意予防接種の案内を頂いています。
この度は、案内ポスターと総社市のホームページを参考にご紹介いたします。

実施期間は、平成29年7月1日~平成30年3月31日です。
定期予防接種・任意予防接種についての制度の問い合わせ窓口は、
総社市役所 健康医療課 0866-92-8259です。
総社市のホームページも参照ください。http://www.city.soja.okayama.jp/kenkouiryou/iryou_fukushi/kenkoutukuri/wakutin_josei.html

かかりつけ医のある方は、予防接種が可能かどうかを、かかりつけ医へのご相談も忘れずお願いします。

総社市の定期予防接種対象者は

  1. 市内に住民票がある人で、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の人で、今までに肺炎球菌ワクチン予防接種をしたことがない人。
    対象者には、高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種のご案内(オレンジ色の案内)が送付されています。
  2. 60歳から64歳までの人で、心臓や腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスにより、免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある人。

ただし、既に肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある人は対象外とのことです。

接種料金は3,600円。

市民税非課税世帯,生活保護世帯の方は,総社市役所へ申請により減免が受けられます。
①予防接種を受ける2週間前までに健康医療課へ申請書を提出してください。
②申請後、該当する人には、減免用の予診票を送付します。
③予防接種を受けるときは、医療機関に予診票を持参してください。
④申請期限は平成30年2月28日(水)までです。
※接種後の減免・払い戻しはできません。

次の画像は定期予防接種について総社市から配布された案内ポスターです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、総社市では、上記の定期接種年齢ではない任意予防接種の高齢者肺炎球菌ワクチンの接種料金の一部を助成をしています。
こちらは、定期予防接種とは違い、案内は送付されていません。総社市役所へ事前に申請をする必要があります。

助成対象者は、今までに高齢者用肺炎ワクチンの予防接種を受けたことがない人で、平成26年~平成28年度の定期予防接種対象で、
次に記載する成年月日に該当する人
昭和24年4月2日生~昭和27年4月1日生の方
昭和19年4月2日生~昭和22年4月1日生の方
昭和14年4月2日生~昭和17年4月1日生の方
昭和 9年4月2日生~昭和12年4月1日生の方
昭和 4年4月2日生~昭和 7年4月1日生の方
大正13年4月2日生~昭和 2年4月1日生の方
大正 8年4月2日生~大正11年4月1日生の方
大正 6年4月1日生以前の方
以上に該当する方で、接種を希望される方は、
①申請手続き:接種予定の2週間前までに、総社市役所 健康医療課 健康増進係へ申請
※申請後、助成該当の方へは交付決定通知が送付されます。
②申請に必要なもの:印鑑
③接種料金:3,600円
次の画像は任意予防接種について総社市から配布された案内ポスターです。

2017/11/14

あさクリフリーペーパー11月号完成しました。

【あさクリ11月号】今月のテーマは感染症です!表紙は看護師の『小人シリーズ』です。

~今月のクイズ~
Q:実はトイレでしてはダメなことはどれでしょうか?2つ選んでください
①ウォシュレット ②消臭スプレー ③スマホで調べもの ④トイレットペーパーの三角折り「
答えはフリーペーパーをチェック!!
11月1日より配布開始します!!!

 

 

 

 

 

 

 

フリーペーパーのバックナンバーは、こちらをクリック☞http://asanoclinic.com/backnumber.html

2017/10/31

見学研修の感想を頂きました㉔

先日、当院の見学研修に医療事務・秘書の業務をされている方が見学研修に来院され、感想をいただきました。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

この度はお忙しい中、外来診療見学や、訪問診療に同行させて頂きありがとうございました。クリニックの外観やホームページからうかがえる、あたたかさや丁寧さ、優しさなどが、そのまま感じられる1日となりました。

午前中の外来見学でまず感じたことは、先生と患者さんと距離の近さでした。身体の距離はもちろんですが、心の距離の近さも伝わってきました。昔、尊敬する医師が、「患者さんの身体に直に触ってみないと何もわからない」とおっしゃっていたのを思い出しました。浅野先生も、患者さんと向き合い、しっかりと身体に触れ、五感でしっかり患者さんを診ておられると感じました。

昨今、電子カルテの普及で、カルテ記録のためにPC画面とにらめっこをしながら診療する現場を多く見かけます。仕方のないことなのだと思いますが、患者さん側としては、不安や不信感に繋がりかねない事と思います。浅野先生は、そういうところにも気を配りながら慎重に診療されているのが伝わりました。そのため、診療自体の効率が下がっているのも、大きな問題だとおっしゃっていて、まさにその通りだと思いました。時間をかけて丁寧に診療する事で、患者満足度は上がるかもしれませんが、それだけ一人一人の待ち時間が増え、診療実人数の増加にもつながりません。しかし、医師不足やその他いろいろな課題がある中、患者さんと真摯に向き合うことは、医療の原点であり、忘れてはならない初心だと思います。医師に限らず、私たちのような事務業務でも、それは必要不可欠なことだということを改めて教わりました。

医療事務・医療秘書としての仕事に色々行き詰っていた私に対して、浅野先生は、「事務スタッフは、病院(クリニック)の顔であるべき」とおっしゃいました。確かに、優しく丁寧な受付をしてもらえると、それだけでここはいい病院だ、と思う事があります。多少先生が怖い方でも()、帰るときに優しく接してもらえると、ただただ満足して帰れるものです。当たり前のことかもしれませんが、目に見えないものを日々意識しながら業務をこなす事の大切さを再認識できました。

午後の訪問診療では、患者さんやご家族の安心感がとても強く伝わってきました。患者さんやそのご家族の抱える問題、医療面に限らず社会的資源など、幅広く相談にのり解決や調整に向けお力を尽くされていると感じました。傷病によって体や心が不自由となっても、 住みなれた家で過ごしながらの治療や療養を希望される方はたくさんおられると思います。今回の訪問診療の中でも、ベッド上の生活となっている方で、ご家族で九州にでかけられる予定の方がおられました。大変遠方で、ご本人にも、ご家族の方々にも相当な負担であろうと思いました。しかし、浅野先生の訪問診療で、長旅の不安や体調面について色々相談され、心身共に安心し、「気を付けて楽しんで来てください!」といういってらっしゃいの言葉により、患者さんやご家族の方の心からの笑顔をみることができました。あぁ、こういうところだな!と深く感動しました。

まだまだ在宅医療の充実には遠い現実がありますが、その中で高い意識を持ち、最善の医療提供にむけご尽力され、それによる目の前の課題や壁を乗り越えようとする姿に感銘を受けました。そして、浅野先生の掲げる偉大な妄想(構想?)についても、とても共感でき、夢にむかって今を頑張るという、とても単純ですが難しい、なんだか懐かしい気持ちを思い出しました。目まぐるしく変化していく社会の中で、医療の現場で自分がどう向き合い関わっていくか、もう一度考え、行動していこうと思いました。

 最後になりましたが、このような機会を与えていただき、また、優しく接していただき、浅野先生をはじめスタッフに方々に心より感謝申し上げます。

 

P.S. あさクリフリーペーパー10月号の間違い探し、全部見つけることができました♪

 

 

 

 

 

 

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書
をダウンロード。 申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX 頂きますと、改めてご連絡差し上げます。
これまで、医師・医学生・看護師・薬剤師・事務職の方、医療事務を目指す方が見学研修に来院し
ています。
現在、あさのクリニックでは、一緒に診療を行う医師(常勤・非常勤)の募集を行っています。
http://asanoclinic.com/recruit.html

2017/10/24
1 / 3012345...102030...Last »