総社市社会福祉士会よりご案内

あさのクリニック 相談員です。

認知症徘徊高齢者の列車事故の最高裁判決が平成28年3月1日に下されます。
日本の社会福祉専門専門職団体は、合同で声明を発表しています。
http://www.jaswhs.or.jp/upload/Img_PDF/236_Img_PDF.pdf?id=0224115256

声明の末尾にあるように、『新オレンジプランが掲げる「認知症の人の意思が 尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で自分らしく暮らし続けることができる社会の実現を目指す」 という理念を決して後退させないことを強く望むものである。 』
当院の『年をとっても 病を持っても 今を生きる 喜びの支援』、『高齢者医療、認知症のプライマリ・ケア』という取り組みを考える上で、決して他人事ではないことだと思っています。

以下はお知らせです。
昨年結成され、活動を開始している『総社市社会福祉士会』が企画したイベントを紹介します。
私も会員として活動しています。

平成28年3月12日(土)19:00~21:00
総社市総合福祉センター 3階 大会議室で
『福祉の主張 高齢×障がい』として、
高齢分野と障害がい分野で働く専門職による、自分たちの仕事のプレゼン大会を行います。
どなたでも参加可能ですので、ご興味がある方はぜひご参加ください。

申し込みは、総社市社会福祉士会 メールアドレス sojashikai@gmail.comへ。
メールがない方は、あさのクリニック 相談員までご連絡いただいてもかまいません。

総社市社会福祉士会 Facebook
総社市社会福祉士会福祉の主張