見学・研修


4 / 10« First...23456...10...Last »

見学研修の感想をいただきました⑯

先日、見学研修で訪問診療に同行した、就実大学薬学部に在学中の片岡貴史さんより感想をいただきました。

 

あさのクリニック 診療研修・見学 感想文

就実大学薬学部 片岡貴史

 

先立って、この度はお忙しい中、在宅診療に同行させて頂きありがとうございました。患者さんやそのご家族の抱える背景に目を向け、医療者としての倫理的・学術的観点から最善の解決策を熟考し、診療をされていることを実感できました。今後臨床に出てからも、先生に様々な場面でご指導いただけると幸いです。

 

【感想】

この度は、お忙しい中訪問診療に同行させて頂きありがとうございました。浅野先生、あさのクリニックの方々、浅野先生の訪問診療同行の機会を紹介して頂きましたアイ薬局の村木先生に深く感謝致します。

私は薬学を専攻しており、昨年は実務実習を経験させて頂きました。実習では、薬剤師の在宅患者さんの残薬確認、服薬指導等の業務を見学させて頂きました。その経験を通し、薬剤師が地域の中で他職種の方々と共に患者さんに貢献していくことの重要性を感じていました。そんな中今回、浅野先生の訪問診療に同行し、医療者としての心掛けを見つめ直し、臨床で薬剤師として活躍するための勇気を頂けたことをとてもうれしく思います。

今回は6件の訪問診療に同行させて頂きました。居宅療養されている患者さんを4件、グループホームの患者さんを2件訪問させて頂きました。

訪問に際して、まず浅野先生に各患者さんの抱える葛藤や悩みを訪問前に伺いました。それは、老衰されていく親御さんを心配される息子さんであったり、老々介護の形で寝たきりの妻を支えるおじいさんであったり、体や心の障がいが元で家族関係に問題がある老夫婦の方々であったりと、様々な背景を抱えた方々でした。

実際の訪問診療では、浅野先生は、患者さんのお話をじっくりと聞いて、患者さんと信頼関係(ラポール)を形成することを大事にされていました。また、患者さんも浅野先生に画像診断の結果や検査値、今後の治療方針についての相談を患者さん自ら進んでされており、何でも相談できる関係が構築されていることを実感しました。

「浅野先生のおかげでとても症状が良くなった、これからも先生に見てほしい。」とおっしゃっている患者さんもおられ、先生が地域医療にいかに貢献されているか垣間見えることができました。倫理的な面はもちろん、医学的な知識も豊富で、バイタルの確認、検査値の解説など患者さんの不安をしっかりケアされていました。

 近年、薬剤師もバイタルの確認、副作用チェックのためのフィジカルアセスメントをより積極的に行うことが推進されていると思います。私自身そうした医療行為を行い適切な判断ができるのか不安を持っています。

服薬指導・薬学的管理においても、薬が飲用困難や忘却、認知症による理解力の低下で、コンプライアンスが確保できず思い通りにいかないと悩む場面も多いかと思います。しかし、今回の研修を通し感じたことは、勇気を出して患者さんの抱える背景を親身になって考え、患者さんにとっての障害を少しずつでよいので除いていくことの大切さです。そのために必要なことが、浅野先生が実践されていたような、医療者と地域・患者さんとのラポールの形成にあるのだと思います。

最後になりますが、浅野先生に教わった医療者としての心掛けを胸に留め、将来薬剤師としてより良い患者さんケアに貢献できるよう努めていきたいと思います。コミュニケーションの取り方や、医療上の知識に関してもまだまだ勉強不足な面が多々あります。今後とも何かにつけてご指導いただけると幸いです。この度はありがとうございました。

 

2017/03/02

見学研修に来院されました⑬

平成29年2月28日に就実大学薬学部で薬剤師を目指している、片岡貴史さんが
実務実習の一環で、当クリニックの訪問診療の同行見学を希望され来院されました。

調剤薬局での実習の際に、在宅医療に関わることがあり、見学を希望されました。

 


 

 

 

 

 

 

薬剤師の方には、日頃から外来・訪問診療患者の薬の事(処方内容、服薬指導、自宅での薬管理、残薬管理など)で、心強い連携先の一つとなっています。

 

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書をダウンロード。 申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、改めてご連絡差し上げます。
これまで、医師・看護師・事務職の方、医療事務を目指す学生、そして今回の薬学部の学生が見学研修に来院しています。

 

2017/03/01

見学研修の感想をいただきました⑮

先日、兵庫県にある社会福祉法人 敬寿記念会に勤務されている、荻野由美子さんが見学研修に来られました。

先日は、クリニックの外来診療を見学させていただき、誠にありがとうございました。
診察の様子を拝見させていただき、先生が患者様のことを、本当に良くご存じであることに驚きました。
患者様の身体の状態だけでなく、家庭状況や生活習慣なども周知され、診察されていました。患者様が向き
合われているのが何なのか。疾患だけではなく、抱えておられる様々な悩みや生活の課題を、一緒に時間をか
けて向き合われているのだな、と感じました。
私は現在、高齢者の福祉施設に勤務しています。医療・福祉・介護が連携を取り、利用者様の総合的支援
が理想ですが、なかなか上手くいかず悩むことが多々あります。しかし、あさのクリニックでは、スタッフ
間の連携はもちろん、他の医療機関や介護サービス事業所とも、連携をとり総合的な支援をされていました
思い描くケアを目の前に見て、介護分野では病気のサポートはできないから…と自ら線引きをしていなかった
か、病気のケアは医療分野におまかせと甘えきっていなかったかと振り返り、明日から私自身の姿勢を正す、
お薬をいただいたように思います。
浅野先生の信念と情熱をスタッフの皆様もしっかり共有され、その思いが優しげに漂うクリニックは、地域
方々と共に歩まれているのだと感じました。私も、地域を支える一端が担えるように、頑張りたいと思います。
お忙しいなか見学させていただき、心より御礼申し上げます。

 

荻野さんありがとうございました。
まだまだ連携という部分は充分とは言えないところがあります。
胸をはって、連携が出来ていると言えるよう努力していきます。

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書をダウンロード。
申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、改めてご連絡差し上げます。

2017/02/16

見学研修の感想をいただきました⑭

先日、研修に来院された、つばさクリニックの橋本先生より感想をいただきました。

 

見学をさせていただきまことにありがとうござました。

浅野先生にはこれまでも色々とお話をさせていただく機会があり、お話をしている中でぜひクリニックを見学したいと思っていました。このたび、希望が叶いました。

午前と夕方は外来を、午後には訪問診療に同行をさせていただきました。

外来はもの忘れ認知症外来とプライマリ・ケア外来の大きくふたつに分けられていました。患者さんは認知症、うつ状態などの精神疾患をもたれている患者さんから発熱された方や消化器症状がある患者さんと幅広い疾患の方が来院されていました。

訪問診療では私も、つばさクリニック訪問診療に携わっておりますが、見学をさせていただくとこれまで何気なくしていたことをあらためて見直す機会になりました。

外来、訪問診療いずれにおいても患者さんやご家族の話をしっかり聞かれ、真摯に対応されている姿勢はとても共感でき、私自身も背筋が伸びる思いでした。

診療終了後も浅野先生には時間をとっていただき、医師として、また医院の経営者としても様々な視点を教えていただくことができました。とても参考になりました。

また、クリニックのスタッフの方々も浅野先生のあつい思いを共有されており、一丸となってクリニックを盛りあげよう、良いものに改善していこうという姿勢が感じることができました。

1年後2年後にはさらに進化したクリニックになっていると思いますので、また見学をさせていただきたいと思っています。

お忙しい中、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 *ブーンのカレーもとてもおいしかったです。

 

感想いただきありがとうございました。

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書をダウンロード。
申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、改めてご連絡差し上げます。

2017/02/05

橋本先生ご来院!!

あさのクリニック 相談員(MSW)向川です。

先日、倉敷、岡山で在宅医療を牽引されているつばさクリニックより橋本先生が見学にご来院されました。

午前は外来では、プライマリ・ケアの『何でも屋外来』として、風邪症状の発熱の患者さんや腹痛の患者さんの診療や、当院の特色の一つの認知症診療だけでなく、職場やご家庭の悩みを打ち明けられたり、介護でお困りのかたの健康管理やご家族のケアの場へ同席をしていただきました。

午後の訪問診療では、寝たきりの患者さんや精神疾患があり外出できない患者さんのご自宅への診療にご同行いただき、外来診療と同じく、患者さんの健康状態のチェックとお薬の処方だけでなく、ご家族のケアも含めて生活上の悩みなどをお聞きしている場へ同席をしていただきました。
訪問診療後の夕方外来では、仕事帰りの患者さんや日中仕事で外来に連れてこれない患者さんを支える介護者と一緒に来院される認知症患者さんや通所サービスの帰りによってくださる患者さんが来られており、夕方の外来を行うことで支えることのできる患者・家族支援の場へ同席していただきました。
以上の外来診療と訪問診療の両方を見学いただき、終了後には院長と熱く厚いディスカッションをされていました。

 

 

 

 

 

あさのクリニックは、外来診療、訪問診療ともに行っている在宅療養支援診療所です。
見学研修は職種を問わず、お受けしています。
研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書をダウンロード。
申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、こちらからご連絡差し上げます。

 

2017/02/03
4 / 10« First...23456...10...Last »