映画「風は生きようという」 上映会のお知らせ

人工呼吸器は、呼吸を助ける道具です。
そこから吹いてくる風が人と人とをめぐり会わせてくれます。

追い風は、ときどき前からふいてくる。

もしもあなたが、病気や障害のために身体を動かせなくなったとしたら、どんな人生を想像しますか?映画が映し出したのは、
ふつうの街でふつうの生活を送る人びと。特別なことといえば、呼吸するための道具・人工呼吸器を使用していることくらい。
淡々とその生活を映し出し、歩んできた人生を見つめた時、浮かんできたのは日常の尊さ。たくさんの支援が必要だからこそ、
多くの人に出会え、自由に動くことができないからこそ、生きてあることに感動する。じんわりとこころを揺する、人と人と
が織りなす物語。

もしも あなたに、思うように身体を動かせない、そんな日が来た時は思い出してほしいのです。映画の中を駆け抜けていた、風の音を。
その風に包まれた人と人とが、支えあいながら生きていたことを。

あさのクリニック 相談員 向川です。
上記の文章は、映画『風は生きよという』という映画のチラシから抜粋して文章です。

映画「風はいきよという」上映実行委員会ホームページhttp://kazewaikiyotoiu.jp/
上記ホームページ内、呼吸器情報ページhttp://kazewaikiyotoiu.jp/respiratoryには、呼吸器の情報だけではなく、費用面の事などの在宅生活を行う上で課題についても記載されています。
ドキュメンタリー映画「風は生きよという」予告編動画https://www.youtube.com/watch?v=6lpShtJQdqo&feature=youtu.be

このたび、院長が理事についている、公益財団法人みんなでつくる財団(みんつく)http://www.mintuku.jp/が毎月9日に実施している
【+1セミナー】http://blog.canpan.info/mintukuokayama/category_9/1において、
「映画で学ぼう!」~知っていますか在宅呼吸器との生活~。とテーマに『風は生きよという』の上映会を行うことになり、案内をいただきました。
■日時:平成29年4月9日(日)14:00 ~ 16:00  
     ■場所:岡山大学付属図書館本館3階 B、Cセミナー室
     〒700-0082 岡山県岡山市北区津島中1丁目1-1
     ■参加費:一般 1,500円(寄付含む) 学生 1,100円
     ■申込方法
     参加希望の方はファイスブックの参加ボタンをポチっと押してください!https://www.facebook.com/events/205897103222362/
     メール、電話での参加申し込みも受け付けています!
     その他、ご質問等がある場合は、お気軽にご連絡ください!
     TEL:086-239-0329
     E-mail: info@mintuku.jp

私が、この映画知ったのは、約1年前くらいでした。予告動画をみて、人工呼吸器という言葉とそういう医療機器があることは知っていましたが、
実際の生活については、多くを知っていませんでした。
ぜひ、この映画を見たいと思うようになっていました。
みなさんもいかがですか?



2017/03/18 お知らせ



あさのクリニック

あさのクリニック
外来診療
内科・老年精神科(認知症)
[浅野医師]
月・水・木・金曜日
9:00~12:00
火曜日
9:00~12:00/17:00~18:30
耳鼻咽喉科
[寺島医師]
木曜日
14:00~17:30
訪問診療
月曜日~金曜日
9:00〜17:00
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日 あさのクリニック