活動報告


高齢者住まいACP推進研修(2020年2月19日実施)報告

2020年2月19日にサービス付き高齢者住宅メイプルを会場に標記の研修が開催されました。

この研修は、令和元年度 厚生労働省老人保健健康推進等事業 高齢者住まいにおけるACPの推進に関する調査研究事業です。

主催:株式会社日本総合研究所
講師:株式会社シルバーウッド 下河原忠道 氏
日時:2020年2月19日 17時15分~20時15分

この度は、ご縁をいただき、総社市の施設での開催となり、当院は微力ながら開催の準備にご協力させていただくこともできました。

当日は、定員50名の中、会場をご提供いただいた、サービス付き高齢者住宅メイプルの職員の皆さんだけでなく、総社市を中心にグループホーム、有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、訪問看護ステーション、訪問診療クリニックなどに参加いいただき、多事業所、多職種が参加の研修となり、あっという間でした。

 

 

研修は、老い、延命、終末期、ACPについての講義に加え、VR技術を使った1人称体験を通したグループワーク、ロールプレイングがあり、
これまでの業務を振り返るだけでなく、これからの業務についても考える機会となりました。

また、下河原さんからは、株式会社シルバーウッドが運営されている、サービス付き高齢者住宅 銀木犀でごく当たり前に行われている生活(暮らしの)支援、ご入居者の生活の様子、役割のある生活の大切さなどもからも、この度の研修のACPについて考える機会となりました。

 

 

 

 

 

 

株式会社シルバーウッドの下河原さんは、2017年、2018年とこちらも総社市で開催されたVR認知症体験会に講師で来ていただいており、毎回私たちによい刺激を頂いています。
2017年 VR認知症体験会報告ブログ ①https://asanoclinic.com/report/1715.html ②https://asanoclinic.com/report/1740.html
2018年 VR認知症体験会報告ブログ https://asanoclinic.com/report/2686.html

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

以下は、研修に参加した職員(看護師・相談員)の感想です。

 

私は、看護師として講義を受け、VRで一人称だが、五感で感じながら立体的な刺激を受けた。病院勤務時の心臓マッサージを実際し、
漠然とリバースする事を目的に行っている日々もあり、そこで戻って日常生活を送る人々も看護してきた。また、現在施設の人々を
医師と一緒に診療する立場となり、本人の思いに寄り添う時間を常に作る場を設けている。

医療の診察の場だけでの、治療や今後の方針についてまとめた話だけでなく、現状の施設での何気ない会話からの、日常生活をどの
ように過ごしたいか等の意思表示などを、私達医療者がサポートすることも必要性があると思った。

「看取り」の定義は、無益な延命治療をせずに、自然の過程で老衰死していく高齢者を見守るケアすること」この『無益な』が、
人それぞれの得た知識の差や、個々の思考の違いによって違いがある。その為、十分なコミュニケーションの必要性があると考える。
高齢者施設のそれぞれの方針が、介護職の思いや行動などが、施設入所者や家族との日頃のコミュニケーションすることで、日常の
介護や医療の充実の延長から看取りの場へ繋がると考える。

ここでのチームビルディングが、私が所属している訪問診療や外来での役割もあり、日常に医療連携充実するのが、日々のコミュ
ニケーションである。研修での、点滴や食事など加齢に伴い、老いて最期を迎える過程を、山猫が山に向かって静かに亡くなると話
があった。昔飼っていた猫が自然に居なくなったのは、山に向かって亡くなったと聞いていた。しかし、現在の社会で、猫や犬もは
じめ、人間もそれぞれの医療の充実の中での生活と変化している。この環境因子の一人である看護師として、老いていく事を、どの
ように捉え、メリット、デメリットを自分自身の言葉で患者や家族に、その場その場で伝えられるようなコミュニケーションを実践
する。一緒に悩み、一緒に考え、時には医療者として引き受ける必要もある。

グループワークでは、施設へルーパーの方の、「亡くなる事や、病院へ入る事や、それからどうなったのか、等聴いてはいけない
様な雰囲気があり、誰も言葉にしない」と聞いた。

また、他の事業所の診療補助されている方も、「今後どうなるのか、予測も出来ないので、あんなに元気な人が、一気に悪くなって
いると印象になる。」と聞き、人が生きる過程は、一般的に伝えられているが、亡くなる過程が一般化されてなく、見てはいけない
ような状況にあるのが、現実である。日本の超高齢社会で、人生の幕の閉じ方を、誰もが知ることができる社会にすることも、医療
者の役割なにかもしれないと考えた。

その為には、相手が医療者であったとしても、人がどのような過程で亡くなるのかを知らないので、わかりやすくコミュニケーション
をとる必要性がある。                                         看護師 大塚美智子

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

この度VRを使用した、ACP:最後までどのように生きたいか、を支える研修に参加し、もう一度、患者さんの人生をどのように支
えるかを考え直すきっかけになりました。

この研修の初めに「病院で死にたい人は手を挙げてみて」と言われました。手はまったく挙がりませんでしたが、実際自宅や施設で
の看取りに対して「どうしたらよいか分からない」「怖い」といった意見も多くみられ、疑似的に心肺蘇生を受ける体験や1人の利用
者の施設入所から看取りまでをバーチャルで体験することで、わたしたち関係職種は何を大切にすべきか、どのように行動していく
のか、というプロセスを考えました。

私たちは診察の場面で、患者さんやご家族から、今までどんな生活をしてきたのか、なにを大切にしているのか、お話をお伺いする
ことがあります。だた、この度の研修を聴き、私たちは点でしかなく、普段支えているスタッフの方たちは、もっとその患者さんの
性格や大切にしていること、ご家族との関係などを知っていることを改めて気づかされました。

「死」はどなたにも訪れる一方で、避けてしまいがちな話題だと思います。話をしていない内容だからこそ、介護に関わる職種以上
にご家族は直面すると悩み・不安を抱きます。

その時に、普段から関わるスタッフが、繰り返し家族と話をしていくこと、何度でも本人の思いを代弁し、決断した結果を支えてい
くこと、そしてその状況を我々医療者も把握・尊重していくことが必要だと思いました。

そのためには、普段から患者さん・ご家族はもちろん、介護に関わるスタッフの方々と日々コミュニケーションを取っていくことが
重要だと感じました。

この度の研修後、参加者の方々から、「考えるきっかけになった」など、さまざまなお声掛けをいただきました。今回は参加者も限
られた中での研修でしたが、参加できなかった方々へも研修内容を踏まえて、今後もACPについてお伝えしていきたいと思います。

この度は、研修をお声掛け頂いたシルバーウッドの皆様・日本総合研究所の方々、会場を提供頂いたサービス付き高齢者向け住宅メイプルの皆様、
本当にありがとうございました。                                      相談員 富田愛子

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

2020/03/16

日本災害医療薬剤師学会シンポジウム報告

2020年1月19日(日) 岡山大学Junko  Fukutake Hallにて開催された、

「日本災害医療薬剤師学会シンポジウム」に当院相談員がシンポジストを参加し、
医療ソーシャルワーカーの立場で、西日本豪雨災害からの振り返りについて登壇しました。

内容は、豪雨災害の起きた、岡山県総社市にあるクリニックのソーシャルワーカーとして、また個人としての動きや想いを発表させてもらいました。
最後には、災害の支援でのつながりで教えていただいた、
居安思危(安きにありて危うきを思う):平安無事のときにも、危難に備え、用心を怠らないこと。
思則有備(思えば則ち備えあり)   :心配りをするということが既に備えとなる。
有備無患(備えあれば患いなし)   :準備を怠らなければいざという時にあわてずに済む。

という、私たちがいつも聞くことの多い、『備えあれば患いなし』には、前の言葉があることです。
2018年の西日本豪雨の時にも言われていた、『日頃からできていないことは、災害時にはできない』ということが昔から日頃からの準備が必要と言われていることです。

シンポジウムは2部構成で、2018年西日本豪雨災害のDMAT対応、薬剤師の活動、地域の医療復興や福島で行われている復興支援から、今後当地でも課題となるであろう内容の発表がありました。

2部では、災害時の歯科対応・口腔ケア対応・食支援、災害時の健康管理のための組織同士の調整が必要であること、災害処方箋データからみる処方動向や薬剤供給体制・調剤するだけでなく、避難所にある薬剤の管理などの薬剤師の役割、災害支援の心構え、スフィアプロジェクトが求めるものについて、災害時のトイレ問題(阪神淡路大震災の時からあった、トイレ問題に対応が遅くなっていることは最近の災害でも同じ課題が起きている)について。

多くのことを学ぶ機会にもなるシンポジウムのでした。

専門職名の大会名になっている大会に、違う専門職として参加することは、その職種の役割などの知らなかったことしる機会にもなりました。

2020/02/01

元気にたべてますか@倉敷 参加 (一般社団法人WAVES Japan)

『栄養を幸せのちからに。』

令和元年9月29日に一般社団法人WAVES Japan https://wavesjapan.or.jp/ が開催の
“元気に食べてますか?@倉敷”
という、皆さんに低栄養の知識と栄養ケアの大切を直接伝える交流イベントに、当院のスタッフが参加してきました。

イベントのチラシには、
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
高齢者のおよそ半数に低栄養のリスクがあります。正しい栄養の知識はあなたの人生の豊かにします。
元気に食べてますか@倉敷 A開催
※低栄養とは
低栄養とは健康なからだを維持し生活するのに必要となる栄養素が不足している状態です。飽食と言われる時代ですが日本の高齢者の2割が低栄養であり、
およそ半数に提低栄養のリスクがあると言われています。
低栄養は高齢者に見られる多くの病気の原因となるばかりではなく、骨量や筋肉量、免疫力や体力、気力、認知機能などの低下を招き介護が必要になったり、寝たきりや死に至ったりする危険性を増加させます。
※低栄養は正しい知識を持つことで予防できます
低栄養が進み、状態が悪くなってから入院する患者さんをわたしたちは数多くみてきました。病院へ来られる前に何とかして低栄養を予防しなかえればならない。
わたしたち医療人の切実な思いがこの活動の原点にあります。
※あなたの街に『元気にたべてますか?』の声が響き渡ります。
低栄養を知ってもらい、正しく予防することで、皆さんの健康維持と増進につとめたい。
社会貢献したいと願う医療人の活動です。
ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
とあります。

 

 

 

 

 

 

 

当日は、スタッフ用のオレンジのTシャツ、ポロシャツで年齢、食事の状況、運動習慣の聞き取り、体重、身長、握力などの測定の案内を担当させていただきました。
日頃から健康に気を付けている方、食事の事は気にかけたいけどなかなか取り組めていないなあとおっしゃられる方、運動をこまめにして体力のUPを実感している方などとお話をすることができました。

会場がアイビースクエアということで、県外から観光で来られている方の参加もありました。
医療機関に来る方を待つだけでなく、元気でまだ医療機関にかかることのない方と出会い、一緒に健康について話すことも必要な活動になることに気づく機会となりました。

2019/09/30

人生会議してみませんか?

あさのクリニックソーシャルワーカーです。

令和元年6月22日に、地域の方と専門職の方が同じ時間・同じ話を聞く場の地域交流会を、あさのクリニック近くの
FLCB(FUN LIFE Center Building)を会場に開催し、55名の方に来場いただきました。

福井県で地域医療を展開されている、オレンジホームケアクリニックのソーシャルワーカーの西出真悟さんをお迎えし、
「みんなで学ぶ人生会議」をテーマに講演をいただきました。

人生会議とは、万が一の時に備えて、あなたの大切にしていることや望み、どのような医療やケアを望んでいるかについて、
自分自身で考えたり、あなたの信頼する人たちと話し合ったりすることを「アドバンス・ケア・プランニング」といいます。
この「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」という専門用語が、より親しみやすい言葉にしましょうということで、『人生会議』に決まりました。

 

 

 

 

 

 

 

・胃ろうや延命治療の選択など具体的な処置を決める事前指示書の形ではなく、一緒に話し合う時間や雰囲気を含め、話し合いを継続する過程の事を、アドバンス・ケア・プランニングといいます。

>自分がどのように生きたいかを考える

>あなたが大切な話を伝えたい人は誰ですか?…息子?娘?夫?妻?友人?近所の人?

>その生き方を選んだ理由はなにか?

>自身の想いを、大切な人に伝えましょう!!

>みなさんは、医療者に将来のことについて相談したことがありますか?

>どのように人生を歩みたいかについても、医療者に伝えるようにしましょう。

>想いは変化する。大事なことだからこそ、迷って当然。

など、多くの言葉から、参加者の皆さんは、「人生会議」という言葉を知る機会だけでなく、考える機会になったのではないかと思います。
多くの方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

今回の地域交流会が、地域の皆さんが、ご自身の事を考え、家族や信頼する人、医療者と話をするきっかけの一つになれば幸いです。

 人生会議してみませんか」

あさのクリニックのソーシャルワーカーとしての仕事の振り返り、新しい気づき・知識を得る機会にもなりました。
印象に残り、思わずメモした言葉の一つを紹介します。
ある方のエピソード紹介の中の 『病気は、本人からも「自分らしさ」と奪う』。 だからこそ、元気な頃から話し合っていたこと、その言葉・内容が大事になる。

西出さんには、今回の地域交流会の前の時間には、当クリニックの職員向けの研修の講師もしていただき、職員研修・地域交流会ともに、
あさのクリニックがたくさんの刺激をいただく特別の日になりました。

本当にありがとうございました。

オレンジホームケアクリニック https://www.orangeclinic.jp/  

Be Happy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/07/14

VR認知症体験会@総社開催報告(助成:公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団)

あさのクリニックに事務局がある、総社で認知症を学ぶ会では、昨年に引き続『VR認知症体験会』を平成30年11月17日(土)に開催しました。
(株)シルバーウッド VR認知症プロジェクト https://peraichi.com/landing_pages/view/vrninchisho

今回は、総社市、社会福祉法人総社市社会福祉協議会、一般社団法人吉備医師会と共催。
そして、公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団より助成をいただき、地元医師会、行政を交えた顔の見える多職種連携研修として開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2回開催し、総社市・倉敷市・岡山市・吉備中央町などの地域から
MSW5名、医師9名、介護職員11名、看護師26名、保健師4名、市役所より5名、ケアマネジャー13名、医療機関事務職6名、支援相談員2名、
生活相談員1名、相談支援専門員3名、理学療法士1名、管理栄養士1名、大学教員1名、マッサージ師1名、薬剤師3名、高校生2名、他(主婦・会社員)6名
の計100名(各回50名)に参加いただきました。

当日は、株式会社シルバーウッド 代表取締役の下河原忠道さんを講師に
VR(バーチャルリアリティ)で、認知症の症状を自分の事として、体験し、認知症の方が抱える困りごととは何かを参加者同士で意見交換。さらに講師の下河原さんの認知症のある方への想い、取り組みなどの言葉の一つ一つが加わることで、今までの考えや想いを大きく変える機会となったようでした。
認知症のVRだけでなく、高齢者住まいにおける看取り、心肺蘇生についても考える機会を頂きました。

一部感想を掲載します。

・医療現場で働いているので認知症について理解できると思っていたが、机上論でしかなかったと反省しています。今回のVR体験により、少しでも認知症患者さんに心から寄り添っていけるのではないかと思った。街で困っている人はいないか、認知症の人よりキョロキョロさがして行こうと思う。認知症の人に対して接する自信につながったと思う。
・体験させていただくことで、今まで(幻視、失認など)ぼんやりとしか認識していなかったことが、こんな風にみえるんだとはっきりと認識することが出来ました。
・看取りのあり方についてもいろいろと考えさせられた。
・看取りについて、「食べないから死ぬのではなく、死ぬために食べなくなる」ということに強く共感した。
・認知症の方の状況がリアリティで明日からの認知症患者さんへの対応が変わる思いです。
・自身の不安を他の参加者で共有し、確認できた。
・毎日、認知症の母と接し、時々いらいらしたりするのがありますが、一番困っているのは、本人だと思います。時間をもって接したいと思います。いつかくる看取りについても話合っていきたいと思います。
・認知症の人の立場に立って考える、ということが今まであまりなかったのでよい経験させていただきました。
・医療現場で体験してきたことがあたり前となっていたことに、今回のVRによって「ハッ」と一般的な感じ方とのギャップを再認識させていただきました。
・今まで介護の視点で接していたこと、必ずしも本人にとって安心させられるものではないと感じました(態度、言葉かけ)。
・認知症本人の見え方を体験することによる動揺、不安、感謝、安心の感情も体験することができた。支援者都合で支援することがないよう今後気を付けていきたいと思った。
・色々な面において意識を変えたり、視野を広げたり、それを個人の問題だけでなく、家族・地域・社会で理解や協力しあっていく体制が大切であると思った。
・終末期、看取りについては本当に重く重要な問題だと思う救命により医療技術の進歩により生かされる時代だが、本当に大切なのはどういき終えるかとそれぞれかんがえなければならない時代だと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日の16日(金)には総社市・社会福祉法人総社市社会福祉協議会の共催で、住民対象のVR認知症体験会が開催されました。
16日17日の2日間で約200名が体験したことになります。
ご多忙の中、下河原さんは昨年続き、総社に来ていただき、本当にありがとうございました。
この度は、認知症だけでなく、高齢者の看取りについても意見交換する機会となり、これから個人で、職場で、地域で考え、行動するための課題をいただくことにもなりました。

 

※昨年の開催報告ブログです。
https://asanoclinic.com/report/1740.html
https://asanoclinic.com/report/1715.html

2018/11/25



あさのクリニック

あさのクリニック
診療案内
  • 一般内科
  • 泌尿器科
  • 老年精神科
訪問診療
月曜日~金曜日
9:00〜17:00
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日 あさのクリニック