栄養コラム


4月 デトックス

あさのクリニック管理栄養士です。

 桜が咲き暖かくなってきたのになんだか体がだるい・・・。それは冬にため込んだ老廃物が原因かもしれません。そんな時はデトックスがおすすめです。
 デトックス (detox) とは、体内に溜まった毒を排出させること、または分解することで“毒抜き”を意味します。この呼び名は “detoxification”、解毒の短縮形です。人間の体の中には栄養や酸素などの残りカスなどの老廃物や、食品添加物、大気汚染が原因で体に入った化学物質が蓄積されていきます。デトックスは体内に溜まった有害毒素(カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛など)を体外に排出することにより、体内浄化を行い、健康な身体作りを促進することです。
 本来、人間の体には代謝機能が備わっており、便や尿、汗などで不要物をきちんと排出して浄化できるようになっていますが、偏った食事やストレス、運動不足など、何らかの原因で代謝リズムが狂うと、それがスムーズに行われなくなり、蓄積されていきます。

主な毒

  • ・タバコの煙、排気ガスなどの有害化学物質

  • ・食事摂取した栄養分の残りカスなどの老廃物
  • ・食品添加物、残留農薬などの有害化学物質
  • ・ダイオキシン、界面活性剤などに代表される環境ホルモン

  • ・水銀、鉛、ヒ素などの有害金属

毒による影響

・体の不調・・・生活習慣病の原因、肩こり・冷え性など慢性的な不調、頭が重く気分が安定しない、腸が汚れて免疫力が低い、ダイエットの成果が上がらない、アレルギー体質、摂取する栄養成分の吸収が悪い

・肌の不調・・・肌の再生力が低い、肌の老化、シミ・シワ・ニキビができる

・心の不調・・・うつ病、自閉症の原因

デトックスの方法

1.食べてデトックス

・有害物質を体外へ排出する作用のある食材:寒天、こんにゃく、りんご(ペクチン)、食物繊維が多く含まれる食材

 

・体内の有害物質を包み込んで吸収させなくなる作用(キレート作用)のある食材

  - クエン酸(酢、グレープフルーツなど)

  - 硫化アリル(ネギ、ニラ)

  - アリイン(ニンニク)

  - ケルセチン(玉ねぎ、ケール、ほうれん草など)

  

・有害物質の無害化を助ける作用のある食材

  - 亜鉛(牡蠣、レバー)

  - セレン(イワシ、ウナギ、イカ、マグロ)

*亜鉛やセレンは有害ミネラルを無毒化し、解毒力を高めます。

 

2.飲んでデトックス

水を飲むことはデトックスの基本です。水は体に溜まった老廃物をすばやく排出してくれます。また、水分を補給することで体内活動を活発化させ、体内のエネルギー消費量を高める効果があります。

3.リフレッシュしてデトックス

デトックスにかかせないのが血液とリンパの働きです。これらが正常に機能していれば、毒素の排泄をスムーズに行うことができます。この2つに効果的に作用するのがリンパマッサージです。また入浴をすることも血流やリンパの流れを良くします。入浴してじんわり汗をかくことで毒素を排出することができます。冬の寒さで硬くなった体を少しずつ動かして、来たる猛暑に備えていきましょう!

デトックス

2024/04/15

3月 花粉症

  • あさのクリニック 管理栄養士です。

    一雨ごとに暖かくなってきましたが、花粉の飛散が心配ですね。花粉が飛び始めてから花粉症対策をしていては実は遅いと言われていますが、今から体調管理を万全にして、少しでも花粉症の症状を緩和していきましょう!そのためには食事が重要です。花粉症に効果のある食品を紹介します。



発酵食品

味噌、納豆、麹、ヨーグルトなどの発酵食品は腸内環境を整える効果があります。発酵食品だけを摂取するより近年注目されているのが「シンバイオティクス」です。
発酵食品に含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は「プロバイオティクス」と呼ばれています。
食物繊維やオリゴ糖などの食品成分は「プレバイオティクス」と呼ばれ、善玉菌が増えるのに必要なエサになります。  
善玉菌そのものである「プロバイオティクス」と善玉菌のエサになる「プレバイオティクス」を一緒に摂る方法を「シンバイオティクス」と言い、より効果的な腸内環境改善が期待できます。

  • レンコン

    善玉菌と一緒に食べる「プレバイオティクス」で特にオススメなのがレンコンです。これは3ヶ月で81%の人に花粉症の症状緩和が認められたという報告があります。レンコンに含まれる栄養素には、抗アレルギー作用や鼻の粘膜を覆ってくれたりする効果があります。その他にタンニンには、止血や炎症を抑えるなどの効果があるとされ、また抗酸化作用があるポリフェノールを豊富に含んでいます。レンコンの汁を鼻の粘膜に直接塗るのも効果が期待できると言われています。



えごま油

サラダ油などのリノール酸を摂りすぎることでアレルギーが引き起こされてしまいますが、えごま油などに含まれるαリノレン酸にはそうした働きを抑える効果があります。リノール酸の悪影響を減らすためには、αリノレン酸とリノール酸の摂取割合を1:2にすることが望ましいという研究結果がありますが、現代人は1:20ぐらいになってしまっており、リノール酸過剰摂取です。花粉症患者増加の原因の一つかもしれないと、現在研究が進められています。

発酵食品である「プロバイオティクス」と食物繊維を多く含む野菜やキノコ類など善玉菌のエサになる「プロバイオティクス」をよく噛んで一緒に食べること、アレルギーを引き起こす食材を減らすことが腸内環境改善の近道です。
また、食事だけでなく家の中でじっとしているのも花粉症にはよくありません。食事をした後はしっかり体を動かしましょう!

2024/03/11

冷えにお悩みの方へ

ああさのクリニックの管理栄養士です。

年も明け寒い日が続いており、冷えに悩む方も多いのではないでしょうか?
冷えは「万病のもと」と言われており、放置すると、頭痛や腰痛、肩こりなどの様々な体の不調を引き起こすと言われています。
冷えの原因を知って、しっかりと対策をしましょう。

冷え性の原因は血行不良があります。 血液の循環が悪くなると、手足の先まで血液が届きにくくなり、冷えにつながります。血行不良の原因として、偏った食事や不規則な食事、運動不足による筋力低下、ストレスなどによる自律神経の乱れなどがあります。

食事による冷えの予防としては、食事は、朝・昼・夕の 1 日 3 回規則正しくとることがあげられます。
特に朝食を抜くと体の体温が上がらず低体温になりがちです。血流も悪いままなので冷えを感じてしまいます。朝食からしっかりとるようにしましょう。
また、ご飯や麺などの炭水化物ばかりの食事や野菜を食べていないなど、栄養バランスが乱れるとたんぱく質やビタミン、ミネラルの不足が起こり、冷えが悪化します。毎食、ご飯やパンなどの主食、肉や魚、卵、大豆製品などの主菜、野菜やきのこ類などの副菜を揃えて食べるように心がけましょう。

また、体を温める食材をとることも効果があります。体を温める食材にはよく知られているもので生姜がありますね。そのほかに、ねぎやかぼちゃ、さつまいもやれんこんなどの根菜類などがあります。積極的に食事に取り入れてみてください。

まだまだ寒い日が続きますので、食事からも冷え対策をして、寒い冬を乗り切りましょう。

2024/01/17

『冬至』について

あさのクリニックの管理栄養士です。

だんだんと日が短くなり、冬の訪れを感じますね。
12月は、1年で昼が最も短く、夜が長いと言われる「冬至」を迎えます。

2023年の冬至は、12月22日です。今回は、冬至について紹介します。

冬至の日の食べ物と言えば、かぼちゃがあり、冬至の日に食べると風邪をひかないといわれています。
また、冬至には、「ん」のつくものを食べると「運」を呼び込めると言われています。

かぼちゃは「南瓜(なんきん)」とも呼び、「ん」がつく食べ物です。
かぼちゃは、秋冬にかけて食べるイメージがありますが、夏が旬の野菜です。

冬至の日にかぼちゃを食べるのは、長期保存できるカボチャを食べることで
野菜があまりとれない冬に栄養をとるための昔の人の知恵でもあったようです。

かぼちゃには、免疫力を高めるビタミンA、ビタミン C、血液の流れをよくするビタミン E などが多く含まれており、
冬の風邪予防に適した食材です。

「ん」がつく食べ物は、かぼちゃの他にも、人参、蓮根、銀杏、きんかん、寒天、うどん(うんどん)があり、
「冬至の七種(ななくさ)」と言われています。
「冬至の七種」には、「ん」が 2個ついており、たくさんの運が呼び込めると言われています。

風邪予防や運を呼び込むためにも今年の冬至は、かぼちゃをたべてみてはいかがでしょうか。

12月に入り、寒さが本格的になり、風邪やインフルエンザが流行りやすい季節になりました。
栄養バランスの良い食事を心がけ、風邪に負けない身体づくりをしましょう。

2023/12/18

栄養 日めくり

あさのクリニックの管理栄養士です。

 

栄養の知識を皆さんに少しでも伝えることが出来ればと思い、クリニックの受付と待合室のご意見箱の横に、
栄養の豆知識を書いた日めくりカレンダーを設置しています。

 

「野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?」や「栄養の吸収の良い取り方はどうしたらいいか?」
など、皆さんの生活で身近なものをテーマに書いています。

診察の待ち時間などに、ぜひ見てみてくださいね。

 

あさのクリニックでは、外来・在宅患者様に対して栄養指導を行っています。
栄養指導では、食事や栄養に関するお悩みに対して患者様それぞれの疾患や生活習慣に合わせてアドバイスを行っています。

 

食事や栄養の事で気になる事やお悩みのある方はお気軽にご相談下さい。

 

2023/12/04

最近の投稿


あさのクリニック

あさのクリニック
診療案内
  • 一般内科
  • 老年精神科
訪問診療
月曜日~金曜日
9:00〜17:00
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日