見学研修の感想をいただきました④

あさのクリニック 相談員(MSW ソーシャルワーカー)です。

先日、見学研修に来院した
岡山赤十字病院 看護師の 木下真澄 さんより感想をいただきました。
以下に紹介します。

先日は外来見学、訪問診療に同行させていただき、ありがとうございました。普段は在宅生活に送り出す側の立場で看護をしていますが、退院後家に帰って困る事はなかったのか、処置が必要な方への指導は十分だったのかと考える事があり在宅医療、看護の実際を学びたいと思い申し込みをさせていただきました。
まず、診察室を含めクリニック全体の床に木材を使用しており暖かみのある雰囲気の中診察を受ける事ができると思いました。
クリニックのスタッフの方々が元気よく挨拶をしてくれたり、往診に向かうスタッフの見送りをしたりとチームワークの良さを感じました。また、こまめに報告、相談をされており連携が図れていると感じました。
午前の診察見学では主に認知症の患者さんとの関わりや初診の方との関わりを学びました。自らの症状をこの病気からきてるものだと思い込んで診察に来られた方への関わりで、その方の思いや考えを否定せず尊重しながら関わる解釈モデルという概念についても学ぶ事ができました。
午後の訪問診療への同行では、前回訪問時からの申し送りを元に吸引チューブを補充したり、訪問用バッグに医療廃棄物の入れ物があったりと院外での医療物品の取り扱いについて学びました。

また、看取りの場面にも立ち会わせていただきました。患者様のご家族から「息をしていない」と連絡があり緊急往診に同行しました。寝たきりの母親へ吸引や胃瘻からの栄養剤注入など、ご家族の献身的な看病の様子が想像できるご自宅でした。

想像していたより早い最期にご家族自身、十分な受け入れができていなかった事や、元々の親子関係や病気に対する思いを考慮して医師から亡くなった経緯、これからの事などをゆっくり丁寧に説明されていました。私も一緒に清拭をさせていただき、ご家族が声をかけながら顔や手、腕や足をさすり涙をながされる姿を拝見し、母親への愛おしさを感じました。また、そのような関わりの時間を共有できる在宅医療に「看護ができる事は何か」と考えるよい機会になりました。

今回の見学、体験で感じた事、学んだ事を踏まえて病院に入院中の患者様の家での生活をイメージして関わっていきたいと思います。お忙しい中、丁寧なご指導ありがとうございました。


研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、
診療研修・見学申込書をダウンロード。
申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、改めてご連絡差し上げます。

 

 

見学に来られた方から、いろいろな意見や感想をいただくことで、私たちも学びの場をいただいています。
ありがとうございました。


2016/06/15 見学・研修



あさのクリニック

あさのクリニック
外来診療
内科・もの忘れ認知症
[浅野医師]
月・水・木・金曜日
9:00~12:00
火曜日
9:00~12:00/17:00~18:30
耳鼻科
[寺島医師]
木曜日
14:00~17:30
訪問診療
月曜日~金曜日
9:00〜17:00
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日 あさのクリニック