クリニックブログ
AsaCliBlog


見学研修の感想を頂きました㉑

先日、見学研修に来院された、倉敷中央病院 救命救急センター 医師 漆谷成悟先生より感想を頂きました。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

私は現在倉敷市内の救命センターで救急医として勤務していますが、3年前までは広島県の中山間地の医療機関に勤務しておりました。当時は、高齢者の一般内科の外来を主に担当させていただき、少ないながらも訪問診療をさせていただいていましたが、救急医療に従事するようになって3年がたち、患者さんのそばでサポートする診療の大切さを自覚するようになり、医師になった頃の気持ちや、地域医療に従事していた頃の感覚を再確認したくて、この度見学を申し込ませていただきました。

 午前中の外来、午後の訪問診療に共通して感じたのは、患者さんの話だけでなく、付き添いでいらっしゃったご家族や、同居のご家族のお話を同じくらい時間をかけて聞くということの大切さです。私も病気だけを診るのではなく、それを持っている患者さんとその周辺を意識するように心がけてはいますが、一旦患者さんを中心に据えてしまうと、患者さんのためだけに周辺の状況を把握してしまいがちです。病気や老いを抱えて弱さを覚えている患者さんにとって、ご家族がその生活や存在の大切な一部であるように、ご家族にとっても患者さんはご家族の一部なので、ご家族の視点に立ったケアやサポートは、患者さんの視点に立ったそれと同様に大切だということに気づかされました。両方の話を聞き、両方にとって一番良い方法を考えサポートすることの大切さを改めて感じることができました。

 患者さん・ご家族のサポートを行うに当たり、チームの存在は大変大切だと思いました。あさのクリニックの職員の皆様方は、事務職員、看護師、ソーシャルワーカー、皆さんが大変フットワークが軽く、また患者さんのことをよく把握しておられ、その時に良いと思うことに対して迷わず行動されていると感じました。

 今回の見学を通して、改めて地域の中で患者さんやご家族に寄り添って医療・サポートを行なうことのすばらしさを実感いたしました。また、同様の視点は、どの科にいても、どのシチュエーションにおいても持っていないといけないものだということも感じました。

 この度は見学を受け入れてくださりありがとうございました。医師になった時の初心を忘れないように、また見学に行かせてください。

 あさのクリニックに関わられるすべての皆様のご多幸を引き続きお祈りしております。

                                                                                 倉敷中央病院 救急科
                                                          漆谷 成悟

 

ありがとうございました。 

2017/07/06

見学研修に来院されました㉑

倉敷中央病院 救命救急センター 医師 漆谷成悟先生が見学研修に来院されました。

午前中は外来診療、午後から訪問診療に同席してもらいました。

午後の訪問診療の時間は、いつもとは違い、臨時往診の追加があり、昼休憩を早めに切り上げて、クリニックを出発しました。

先生も以前は、山間部で地域医療に従事されていたことがあり、こちらもよい刺激を頂く機会となりました。


 

 

 

 

 

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書をダウンロード。 申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、改めてご連絡差し上げます。
これまで、医師・医学生・看護師・薬剤師・事務職の方、医療事務を目指す方が見学研修に来院しています。

現在、あさのクリニックでは、一緒に診療を行う医師(常勤・非常勤)の募集を行っています。http://asanoclinic.com/recruit.html


クリニックの駐車場の壁に、『夏を』を見つけました。

蝉の抜け殻です。

 

2017/07/04

平成29年7月31日 午後外来休診のお知らせ

平成29年7月31日(月)の午後の外来ですが、院長出張のため休診とさせていただきます。

2017/07/04

あさクリフリーペーパー7月号完成です。

今月のテーマは医療費です!
表紙は初夏をイメージしたスイカ割り!・・・
あの人にピンチ到来! ちょっとやり過ぎ感が否めない今月号ですが、たんこぶアリ?の院長と一緒にスタッフ一同、笑顔でお待ちしております。

〜お知らせ〜
個々の訪問診療の患者さんへの対応を柔軟かつ充実するために、8月から夕方の外来時間が変更になります。
外来診療は午前を中心に月曜から金曜日の午前と、午後は火曜日の17時から18時30分になります。
変更に際し、患者さん、ご家族の皆さんへご迷惑をおかけすることもありますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

〜今月のクイズ〜 Q:今後、日本の総医療費はどうなっていくと言われているでしょうか?  ①少なくなる ②変わらない ③増えていく ④予測されていない 答えはフリーペーパーをチェック!

2017/06/29

見学研修の感想を頂きました⑳

先日、見学研修に来院された、看護師の長畑さんより見学の感想を頂きました。

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

あさのクリニック見学を経て                長畑 枝里子

昨年まで居住していた奄美大島がご縁となり、今回総社市のあさのクリニックを訪れる機会をいただいた。奄美大島でカフェを営むチャーミングな奥様の一言がきっかけだった。「岡山にとおーーっても素敵なドクターがいらっしゃるから帰ったら行くのよ!」

彼女がおっしゃることはいつも真実なので、細かいことはわからないがきっととおーーっても素敵にちがいないだろうという確信は持っていた。今回浅野医師にお会いしてみて、やはりそうだった。そしてそれは期待以上であった。

今回外来と訪問診療に同行させていただいて、まず、人との距離が近いと思った。
膝を合わせて話を聴く。これは人に向かい合わないとできない。浅野先生は相手の懐にするりと入っていっておられる。その聴く姿勢が既に「あさのオリジナル」だと感じた。そうしたら来られる患者さんが皆うれしそうにしておられる。笑顔がこぼれる。仕方ない。あんな人懐っこい笑顔で膝を合わせるのだから。私は内心むむむううと唸った。
話を聴きながら診察をすすめる。質問しながら全身状態を確認し、患者さんの一言を聞き逃さない。そして患者さん本人の診察と並行してご家族の様子にも気を配られている。いろんな環境でいろんな事情を抱えながら生活している患者さんやご家族にちょっとした工夫を提案し、安心を提供し、腕や背中に触れる。ほっとした患者さんの気持ちが表情に表れていた。
あさのクリニックには木がふんだんに使われ、漆喰?珪藻土?の壁が素敵な建物である。ここが診察室かと思うほど妙に気持ちよく、安心できる。ちょっと話をしにきたよという感じで気軽に来ることができる、「先生、これがこんなんじゃけどえんじゃろうか」というちょっとした相談事など敷居を高く感じさせることなく相談できる環境があさのクリニックにはある。医者にかかるとなると緊張して言いたいことを言えない、心配なことを聞けない患者さんは多くいらっしゃる。それが普段の生活のように、挨拶だけで互いの健康度合を量っている家族のように気兼ねさせることなく聞き出せるのは、やはりプロの仕事であると同時に浅野先生のお人柄あってだと思った。
訪問診療でも決してでしゃばらず、介護しておられるご家族と一緒に膝を合わせて話をうかがっておられた。ご家族のがんばりを認め、ねぎらい、否定しない。十人十色、そのご家庭それぞれにいろんな考えやいろんなやり方がある。それぞれのご家庭のルールや性格を尊重しつつ診察し安全を確認し、太鼓判を押されたそのノートには安心が詰まっていた。
今回あさのクリニックの見学にうかがって「やさしさ」を感じた。浅野先生の、相手を大切に思う気持ちが話し方からクリニックからスタッフのやり取りからパソコンの打ち方から伝わってきた。なにかあれば相談でき、真摯に聴いてくれ、異常を察知し的確な対応をしてくれる。そしてそれらを支え合うクルーが揃っている。
総社市にすごいクリニックがある。


 

 

 

 

 

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書をダウンロード。 申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX頂きますと、改めてご連絡差し上げます。
これまで、医師・医学生・看護師・薬剤師・事務職の方、医療事務を目指す方が見学研修に来院しています。

現在、あさのクリニックでは、一緒に診療を行う医師(常勤・非常勤)の募集を行っています。http://asanoclinic.com/recruit.html

2017/06/25