ひな祭り

  • 皆さん、こんにちは。あさクリ総務部です。

    3月3日は、雛祭りですね。
    雛人形を見ると、春の訪れを感じ、なぜか、心がほっこりと穏やかな気持ちになりますね。
    皆様は、いかがでしょうか。

    さて、日本の伝統的な行事である「雛祭り」。その起源は平安時代にさかのぼります。
    三月の初めの巳の日に「上巳の節句」という、無病息災を願う、祓いの行事に由来するとも言われています。

    その後、江戸時代になると、京都御所で盛大な雛祭り催され、華やかな女性のお祭りとなり、娘の健やかな成長を祈願する行事として、現在の雛祭りの形に発展しましたようです。
    雛祭りの主役、お内裏様は天皇を、お雛様は皇后や侍女を表しており、その両者を囲むようにして七段の段飾りが飾られます。雛祭りの行事は、長い歴史の中で、女の子の成長を願うとともに、縁起を担ぐ日本の風習として家族で楽しむ行事となりました。

    そんな、雛祭りの華やかな雰囲気を少しでも感じていただけるよう、待合に立雛と段飾りを飾りました。

  • 雛祭りの主役、お内裏様は天皇を、お雛様は皇后や侍女を表しており、その両者を囲むようにして七段の段飾りが飾られます。雛祭りの行事は、長い歴史の中で、女の子の成長を願うとともに、縁起を担ぐ日本の風習として家族で楽しむ行事となりました。
    そんな、雛祭りの華やかな雰囲気を少しでも感じていただけるよう、待合に立雛と段飾りを飾りました。

    雛祭りの主役、お内裏様は天皇を、お雛様は皇后や侍女を表しており、その両者を囲むようにして七段の段飾りが飾られます。雛祭りの行事は、長い歴史の中で、女の子の成長を願うとともに、縁起を担ぐ日本の風習として家族で楽しむ行事となりました。
    そんな、雛祭りの華やかな雰囲気を少しでも感じていただけるよう、待合に立雛と段飾りを飾りました。

  • この雛飾りは、奈良県で受け継がれる彫刻の技法で作られた、奈良一刀彫のもので、職人による精巧な彫り込みと美しい色使いが特徴です。

    待合で、少しでも楽しい時間を過ごしていただけるよう、心を込めて飾りつけを行いました。
    来院いただきました皆様には、雛祭りの雰囲気で春の訪れを感じていただき、健やかな一日をお過ごしいただけるよう、職員一同、願っております。



最近の投稿


あさのクリニック

あさのクリニック
診療案内
  • 一般内科
  • 老年精神科
訪問診療
月曜日~金曜日
9:00〜17:00
休診日
土曜日・日曜日・祝祭日