お知らせ


医師インタビュー

今回は当院の外来診療と訪問診療の両方を担当している医師、藤原晋次郎の紹介&インタビューです。

Q1.医師を志したきっかけはどんなことですか。

父が、医師だったので、そもそも唯一身近な職業でした。
『命を助けられたことがあったので医師を志しました。』といったそれらしいエピソードはありませんが、

「自分のもとに来られた患者さんは責任をもって一生懸命に診察させて頂く」
という父の姿をみて、やりがいのある職業であると考えました。

当たり前の事ですが、医師として大切な事と考えています。12

Q2.医師になってからの、経歴を教えてください


川崎医科大学附属病院 研修医

川崎医科大学附属病院 高度救命救急センター
済生会横浜市東部病院 救命救急センター
済生会横浜市東部病院 外科
川崎医科大学附属病院 高度救命救急センター
倉敷成人病センター 外科
あさのクリニック

と勤務していきました。

Q3.救急医療の現場や専門病院での経験をつまれ、あさのクリニックに勤務をしていただいていますが、当院の印象を教えてください。

とにかく落ち着いてリラックスできる雰囲気の医療機関
患者さん思いのスタッフに恵まれた働きやすいクリニック

Q4.外来診療曜日と患者さんへ診療についてメッセージをお願いします。


月、火、木の午後の外来(16:00-18:30)を担当させて頂いております。

外科内科を問わずお体の異常や不安に一生懸命に対応させて頂きます。

 

趣味はサッカー観戦・音楽鑑賞・映画鑑賞・ バーベキュー・ピアノ・ギター、
休日には町をぶらぶらしたり、子供とたわむれているそうです。
高校と大学ではラグビー部所属の体育会系の藤原医師。昨年のラグビー日本代表の活躍の時の感想を聞くと、
『南アフリカ戦!よく勝ったな!』『最近のジャージはピチピチ』とのことでした。

 

あさのクリニックは、月曜から金曜までの、午前9時から12時と午後16時から18時30分に外来診療しています。熱、腹痛、ケガなどの処置と内科外科を問わず診療しています。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

2016/06/08

平成28年7月15日の午後外来の代診のお知らせ

あさのクリニックの外来診療の代診お知らせです。

平成28年7月15日の金曜日の午後16時~18時30分の外来担当医は、

院長の浅野が午後より出張で不在のため、月火木の午後の外来診療を担当している、藤原医師が診療を行います。

休診ではなく、通常通り診療を実施します。

よろしくお願いいたします。

 

2016/05/30

フリーペーパー6月号完成しました。

あさのクリニック 相談員です。

フリーペーパー配布のお知らせです。

6月1日より、今回で3回目になる、フリーペーパー6月号を配布開始します。

今回は、禁煙についてです。

たばこの煙には、4,000種類以上の化学物質と250種類以上の毒物、発がん性物質が含まれます。
たばこを吸うことは、肺を有害物質にさらさせ、肺を維持するには、受動喫煙も含め、喫煙は絶対に避けなければなりません。禁煙の大切さをわかっていたも実際にはなかなかできないものです。

明日の5月31日は世界禁煙デー、5月31日~6月6日は禁煙週間(厚生労働省のページ)です。

あさのクリニックでは、医者と一緒に禁煙していく『禁煙外来』を行っています。
ぜひこの機会に一緒に禁煙に取り組みましょう。

無題

 

 

 

 

 

 

表紙禁煙紹介

 

 

2016/05/30

認知症カフェの案内をいただきました。

あさのクリニック 相談員(ソーシャルワーカー)です。

総社市のグループホームの方から、 認知症カフェ「陽だまり」の案内をいただきました。

普段は、おせっかいカフェ「陽だまり」として営業されている場所で、
認知症カフェ「陽だまり」は平成28年5月21日から、毎月第3土曜日は認知症カフェとしてオープンされるそうです。
子供から大人まで誰でも利用は可能とのことです。

詳細は下記のPDF・画像を参照ください。
認知症カフェ「陽だまり]
認知症カフェ「陽だまり]

 

 

 

 

 

 

 

 

あさのクリニックは、認知症診療に医師、看護師、事務職員、医療ソーシャルワーカーの職員一同で取り組んでいます。

認知症は誰もがなる病気と言われています。もの忘れを中心とした中核症状のみならず、認知症に伴う幻覚・妄想や怒りっぽさ、徘徊、行動異常などいろいろな症状があります。
認知症の事で、もの忘れ外来の診療のご希望の際は、事前に電話等で予約をお願いしています。(もの忘れ外来は原則予約制です)

あさのクリニックでは、相談員(医療ソーシャルワーカー)を配置し、本人、家族からお困り事などのをお聞きしています。必要に応じて、さまざま制度や仕組みの情報提供、利用の支援を行います。

普段の体調管理等で定期的に通院している医療機関がある方は、かかりつけの先生に、もの忘れや認知症についてまずはご相談をお願いします。

 

2016/05/16

認知症サポーター養成講座のご案内

あさのクリニック 相談員(ソーシャルワーカー)です。

総社市の認知症サポーター養成講座の開催の案内をいただきました。
総社市では、多くの方に受講の機会をもっていただけるよう、
6月2日から月に1回、3月まで計10回の講座を企画されています。
内容・日程については、総社市認知症サポーター養成講座 案内 中央の画像をクリックしてください。

ぜひ、この機会に受講していただき、みなさんも認知症養成講座を受けませんか?
お申込み・お問い合わせは、総社市長寿介護課 地域ケア推進係 0866-92-8373にお願いします。

総社市認知症サポーター養成講座 案内 👈こちらクリック
平成28年度総社市認知症サポーター養成講座案内表平成28年度総社市認知症サポーター養成講座(裏)

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症サポーターとは(以下は認知症サポーターキャラバンのホームページより)

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。

とくに認知症サポーターにはなにかをとくべつにやってもらうものではありません。認知症を正しく理解してもらい、認知症の人や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動できればいいのです。たとえば、友人や家族にその知識を伝える、認知症になった人や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。

また、サポーターのなかから地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。

とあります。

認知症についての理解が広がり、誰もが地域で安心して暮らせる、住みやすいまちになることは、
私たちあさのクリニックの想いでもあります。

 

 

 

2016/05/16