クリニックブログ
AsaCliBlog


見学研修の感想を頂きました㉕

平成29年12月28日に美作大学の生活科学部社会福祉学科 4年生の田中流斗さんが見学に来院され、感想を頂きました。

社会福祉士を目指す学生の来院は初めて!!

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

研修・見学のご希望の方は、当院のホームページの求人情報ページをから、診療研修・見学申込書
をダウンロード。 申込書ご記入の後、郵送もしくはFAX 頂きますと、改めてご連絡差し上げます。
これまで、医師・医学生・看護師・薬剤師・事務職の方、医療事務を目指す方が見学研修に来院し
ています。
現在、あさのクリニックでは、一緒に診療を行う医師(常勤・非常勤)の募集を行っています。
http://asanoclinic.com/recruit/doctor.html

2018/01/05

謹賀新年 

謹賀新年
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

あさのクリニックは引き続き、

『年をとっても 病を持っても 今を生きる 喜びの支援』

の想いを基に、外来診療・訪問診療を行ってまいります

 

あさくりフリペーパー1月号

【あさクリ1月号】テーマはメタボについてです。
ただ体重を減らせばいいというわけではありません。
高齢者にとっては、メタボの予防ではなく、低栄養・痩せを防ぐことへの重要性も耳にするようになっています。
1月4日から配布開始です。

 

2018/01/01

MUSCATプロジェクト復職支援協力医療機関に仲間入り!

あさのクリニック事務長の椎野です。

この度、医療人キャリアセンターMUSCAT(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)の復職支援協力医療機関に登録をしていただきました!

医療人キャリアセンターMUSCATは、岡山県女性医師キャリアセンター運営事業として、岡山大学内だけでなく、広く岡山県下の医療人を対象に活動を展開されています。臨床現場への定着と復職を目指した活動を、県下の様々な団体・施設と連携して進められています。今回、私たちも仲間に入れていただくことになりました。

 

私たちあさのクリニックの想いの一つに「幸せな人が働く、幸せな職場を創ります」という言葉がありますが、単に「恵まれた人が働く場」というだけのものではありません。人それぞれ様々な立場、様々な事情がありながらも、自分にできることを使って社会に貢献したい!という志ある人が集い、自己実現と新たな価値の創造し提供する、そのことの先に「幸せだ!」と感じられる――そのような場を創りたいという想いが込められています。

例えば、子育て中の方。例えば、ご家族を介護中の方。志を持って医師になったのに、働く場所を見つけられず力を発揮できる場がない、家庭か仕事かどちらかを犠牲にしなければならない、そのようなことは少なからず起きているのだと思います。私たちは、ブランク明けの方や家庭と仕事の両立を目指されている方が、安心して働ける場を創っていきたいと考えています。

 

訪問診療では、予め組んだスケジュールに沿って患者さんのお宅や介護施設を訪問するために、予定時間通りの勤務です。時短の勤務も可能です。また、訪問診療のご経験がない方でも、常勤医をはじめとして職員全員でガッチリとサポートさせていただきます!運転や訪問準備は同行する看護師や事務職員が行うため、当日の診療に専念できる環境です。

そして何よりも大事なこと――訪問診療という患者さん・ご家族の方の空間にお伺いして行う診療は、技術も重要ですが、家庭的な考え方もとても大事なのではないかと思います。子育てをされている方、介護をされている方など、家庭で大きな役割を果たされている方だからこそできる、診療のかたちを見つけていただけるのではないかと思います。

 

小さなクリニックなので、「復職協力医療機関」というにはまだまだ力及ばないところが多々ありますが、少しずつお仕事をしやすい環境を整えていきます。当院での診療をご希望していただける方、ご連絡をお待ちしております。診療に加えて、復職や、家庭と仕事の両立を可能にする環境創りも進めていきましょう!

【医師募集のページ】  http://asanoclinic.com/recruit/doctor.html

 

2017/12/27

12/10総社市「地域でつながる日本語教室」の医療講座を開催しました!

あさのクリニック事務長の椎野です。

 

先日12月10日(日)に当院で、総社市人権・まちづくり課 国際・交流推進係で行われている「地域でつながる日本語教室」の医療講座を開催しました!院長の浅野と事務長の椎野の2名で、楽しみながら対応させていただきました。

総社市は、平成22年度から文化庁の事業である「『生活者としての外国人』のための日本語教育事業」を受託、実施しています。今回私たちは、この事業におけるプログラムの中の1つである、医療機関へのかかり方の講座を担当させていただきました。

 

総社市の外国人人口は、岡山市、倉敷市に次いで県内第3位。特にこの2年ほどは、年間に100人以上のペースで増加しています。クリニックに受診にいらしたり、訪問に伺ったりする患者さんの中にも、外国人の方がいらっしゃいます。

 

さて今回は「医療機関のかかり方の実習」というテーマでした。もし自分が海外で受診することになったら…めちゃくちゃ不安です(;・∀・)

自分のこの痛みや苦しみを言葉にできるだろうか、うまく伝わるだろうか…

質問攻めされたらどうしよう…

いや、それ以前に、診察してくれるのだろうか…

などと不安に思い始めるとキリがありません。

そのような不安や怖さを取り除くために、受診に行くとどのような手続きがあって、どのようなことを聞かれ、どう答えればいいか、ということを体験して知っていただくことを今回の講座の目的としました。

 

当日は、ブラジル、中国、ベトナム、インドネシア、ジャマイカの方々、総勢15名の方に参加していただきました。加えて、日本語教室の指導者の方2名、学習サポーターの方7名、事務局の方3名。クリニックの中は30名近くの方で満員御礼状態!

ご挨拶と今日の目的を浅野院長から、体験会の流れについて椎野から説明して、あとは実際にやってみる!形式でスタートしました。

 

 

 

 

まずは、受付で保険証を提示して問診票の記入。これはなかなか難しいのでは?と思いましたが、意外にスラスラと書かれている方も何名か。お子さんの受診で慣れているようです。とはいえ、多くの方が案の定苦戦の模様…それもそのはず。普段あまり目にしない堅苦しい日本語、読み仮名のない漢字、母国でも受診する機会があまりなくて何を書いていいのやら…などなど。サポーターの方に密着マークで支援していただきました。

 

 

 

 

 

問診票が書けたら、次は浅野院長による模擬診察です。体験会ではありながらも、話の聞き方や模擬診療の内容は、いつもの診療と変わらず本気そのもの!これまでにパキスタンやカンボジアでの医療支援活動を経験してきた頃の血も騒いでいたようです。

 

 

 

 

 

全員の模擬診察が終わった後は、クリニックの中を見学して、質疑応答。たくさんの質問をいただき、大変盛り上がりました。みなさん特に、お食事についての興味が強いようでした。何を食べるといいのか?サプリはいいのか?主人には何を食べさせたらいいか?

そうですよね、毎日のことですし、健康と直結するテーマなので、日本人でも外国人の方でも気になることだと思います。

 

そんなこんなで、あっという間に2時間のプログラムが終了。楽しく、学びある機会でした。振返って思うことはまず、ちょっとした工夫で不安を和らげられることがもっとたくさんありそうだということ。問診票一つとっても、何も外国語で記載しなくとも、表現を平易にする、ふりがなを振る、イラストで分かるようにする、このようなちょっとした工夫によって分かりやすさは段違いに良くなるはずです。

また、お食事など、日常から健康を意識しようという思いはあるものの、どうしていいか分からないという不安もあるようでした。これは外国人の方だけでなく、私たち日本人も同じ不安を持っていると思います。そんな不安をどうやって解消していこうか…例えば、クリニックのスタッフと日本語教室の参加者さんたち、さらには地域の方々も巻き込んで、栄養価の高い旬の食材を使ってそれぞれの国のおいしいお料理を作って皆で味わう場を作る。そうすると、楽しくて体に良くて不安も解消する、そんな一石三鳥以上の交流の機会にできるのでは…などと振り返りをしていたつもりが、いつの間にか妄想になっていました…(;´∀`)

 

かつて、院長の浅野も私椎野も、聖路加国際病院に勤務していた時に、院内職員有志のボランティア団体である「ルカ・ジャパン」に所属し、毎年のようにカンボジアやフィリピンなどの国に赴いては、「自分たちにできること」を模索し活動していました。あれから数年の時間が経ち、容易には海外に行けなくなってしまっていますが、この総社の地からも、国際交流・支援をすることができるのだと感じました。これからも微力ながら、日々の診療やこのような機会を通じて国際交流・支援の一旦を担っていければと思います。
今回の講座に参加していただいた皆様、企画・準備および当日のご支援をいただいた総社市職員やサポーターの皆様、貴重な機会をいただき、ありがとうございました。

2017/12/21

あさクリフリーパーパー12月号完成しました。

みなさんは認知症に対して、どんなイメージをもっていますか?それはどんな事でしょうか。
認知症のことを話すときに、「ニンチがある」「ニンチなんです」「ニンチが、〇〇」と『ニンチ』略して言葉を使用していませんか?
その時、どんな感情で使用していますか?

【あさクリ12月号】テーマは認知症です!

あさのクリニックが取り組んでいる、認知症について、皆さんにいろいろ考えてほしい内容になっています。

12月1日から配布開始です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーペーパーのバックナンバーは、こちらをクリック☞http://asanoclinic.com/backnumber.html

 

 

2017/11/30