活動報告


終末期医療の在り方についてセミナーに参加してきました

あさのクリニック院長の浅野です。

2月14日に岡山市で開催された岡山県臓器バンク主催の終末期医療の在り方についてのセミナーに参加してきました。

医療者は「最期の希望」にどう向き合えばよいのか?

ということについて

1.「生命を脅かす疾患」に直面している患者のアドバンスドケアプランニングの重要性〜「患者により事前指示」と「医師によるDNAR(POLST)」〜

東京大学大学院医学研究科 医療倫理学分野客員研究員

箕岡医院 院長

日本臨床倫理学会 総務担当理事  箕岡真子先生

2.救急集中治療における最期〜心温かい看取りを考える〜

川崎医科大学救急総合診療医学講座 特任教授

岡山大学名誉教授、特命教授

日本集中治療医学会 理事長  氏家良人先生

ご高名なお二人の先生からそれぞれ違った角度の「終末期」そしてその倫理的問題についてお教えいただきました。特に、印象に残ったのは

箕岡先生:代理判断者指名の重要性、「その時の」「あなたの」「最善の利益」を考える

氏家先生:救急医はとにかく命を救うことを考える、そのあとで判断に悩む時はみんなで考える

という点でした。

いずれも自分が歩んできた今までの医療、そして現在直面している医療について大変深みのあるそして、向き合っていく課題についてそのまましっかりと、真摯に向き合いなさいと背中を押していただいたような内容でした。

当院の理念である「年をとっても 病を持っても 今を生きる 喜びの支援」を行っていくために、善かれと思うことを行動に移し、職能と人間性を高めて身の丈の社会貢献を行っていくこと、その積み重ねが大切だと感じた1日でした。

2016/02/15

第23回倉敷緩和ケアセミナーに参加してきました。

あさのクリニック 相談員です。
平成28年2月6日に倉敷中央病院 総合保健管理センター 古久賀ホールで開催された標記セミナーに参加してきました。
倉敷中央病院 精神科 小高辰也先生からの「新しい睡眠薬について」の講演とNPO法人 対人援助・スピリチュアルケア研究会の村田久行先生から「がん患者のスピリチュアルペインとそのケア」の講演でした。

加齢に伴う睡眠の変化、睡眠薬の種類とその効果、そしてがん患者の気持ちを受容し傾聴する面接技術についてなど、多くの新しい知識をいただくことが出来ました。
ソーシャルワーカーの面接技術を振り返ることもでき、大変有意義な研修参加となりました。

あさのクリニックでは、在宅患者への緩和ケアへの取り組みを行っています。多くの方への支援を行えるよう、職員全員の研修参加をしていきます。また、一緒にあさのクリニックで働く仲間を募集しています。(求人情報はこちらをクリック)

 

 

 

 

 

 

 

2016/02/08

奄美大島の診療に行ってきました

院長の浅野です

1〜2ヶ月に1回のペースで奄美大島に通い、大島郡医師会病院でもの忘れ外来を行っております。

なぜ奄美!?

実は、平成17年4月より足掛け3年ほど、鹿児島県の離島、奄美大島に赴任しておりました。

奄美の魅力を語ればきりがないのですが、救命救急の医療から高齢者のプライマリ・ケアにシフトチェンジする大きなきっかけになった体験でもありました。

南の島の大自然、優しい人々、アツい医療者の想い・・・

このブログを通して奄美大島の魅力もお伝えしていけたらいいなと思っております。

2016/01/29

第20回備北地域認知症疾患医療連携協議会に参加しました

あさのクリニック 相談員です。
この週末は大寒波で、先日も雪が降りましたが、今回はさらに多くの降雪が予想されています。
気温がかなり低い予想です、外出時は寒さ対策と転倒などの事故に注意することはもちろんですが、
自宅内でも寒さ対策に気持ちを向けましょう。

本日は、あさのクリニックの看護師1名と相談員1名で、
高梁市の こころの医療 たいようの丘ホスピタル で開催された
第20回 備北地域認知症疾患医療連携協議会 に参加させていただきました。

「支援者が上手くいっていると思っている認知症高齢者へのアセスメント」をテーマに
ある事例を振り返り、自分が指導的な立場だった時に、どのように意見をいいますか?
という質問から、各参加者が意見を出し合いました。
参加者のいろいろな立場での意見、視点を聞くことができ、学び多き研修となりました。

認知症の方、家族を支える地域の社会資源として活用していただけるよう、
あさのクリニックでは、今後も様々な研修に参加していきます。

IMG_20160122_171646

2016/01/22